計測器

第9回計測器中古市
E8257C PSGアナログ信号発生器 キーサイト・テクノロジー
販売開始
販売状況
メーカー製造終了
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート終了
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

KeysightはPSGアナログ信号発生器の機能を拡張しました。この機能拡張により、連続掃引測定機能、8757Dスカラ・ネットワーク・アナライザからフル・オートで使用できるランプ掃引機能、500MHzから生成できる狭いパルス(10ns)の生成機能が追加されました。 E8257C PSGアナログ信号発生器は、パワー・レベル、位相ノイズ、およびレベル確度において業界最新の仕様を備えています。KeysightはPSGのリーディング・ベンダとして、最先端の性能をお客様に提供しています。
PSGアナログ信号発生器では、ハイ・パワー・デバイスをテストする場合も外部に増幅器を付ける必要はなく、製品の特性評価を正確に行うことができます。
新しいPSGアナログ信号発生器ではデバイスの正確な特性評価が可能であるため、エラーを設計プロセスの早い段階で特定でき、結果的に開発時間を短縮することができます。

商品スペック

>>もっと見る

【最大周波数レンジ】250kHz ~ 20GHzまたは250kHz ~ 40GHz
【周波数分解能】0.001Hz
・20GHzでのレベル確度に優れた最高出力パワー(標準で+13dBmまたはオプション1EAで+20dBm)
・オプションのSSBの近傍位相ノイズ(10GHz搬送波時、1kHzオフセットで-98dBc/Hz)
・豊富なアナログ変調フォーマット: AM、FM、位相、パルス変調
正弦波、方形波、三角波、ランプ波形、ノイズ波形の内蔵デュアル変調発生器
・83550シリーズによる110GHzまでの容易な周波数拡張
・3.2GHz未満の狭いパルスの変調
・ランプ掃引による高速掃引速度
・豊富な掃引モード: アナログ・ランプ掃引、ディジタル・ステップ掃引、リスト掃引
・8757Dスカラ・ネットワーク・アナライザとの完全なコード互換性

オプション

  • Narrow pulse modulation ( 500 MHz-3.2 GHz ) 1.00E+06
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 3.2 GHz未満のキャリア周波数の高速パルスの作成
    PSGにオプション1E6を装備すると、10 MHz~3.2 GHzの周波数レンジで高速な立ち上がり/立ち下がり時間の高速パルス変調を実現できます。この周波数バンド内で、オプション1E6はパルスの立ち上がり/立ち下がり時間を標準のパルス変調性能に比べて10倍向上します。3.2 GHzより上の周波数での高速パルス変調機能は、E8257C PSGに標準装備されています。
    代表的なアプリケーション
    高速パルス変調オプションは、高速な立ち上がり/立ち下がり時間のパルスが必要な3.2 GHz未満のレーダ/電子戦アプリケーション用に推奨します。高速な立ち上がり/立ち下がり時間は、主に長距離の監視/探知に用いられるLバンド(1~2 GHz)レーダと、気象観測や中距離軍事アプリケーションに用いられるSバンド(2~4 GHz)レーダの開発において重要です。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
  • ラック・マウント・フランジ・キット 1CM
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 PSGを標準の19インチEIAラック・キャビネットにインストール
    PSGにオプション1CMを装備すると、ラック・マウント・フランジ・キットが提供されます。これには、フランジ1対と、信号発生器をEIA標準19インチ(482.6 mm)ラック・キャビネットにマウントするのに必要な金具が付属します。フランジはケースにある既存の穴を使って信号発生器に取り付けられ、信号発生器をラックのフロント・マウント・カラムに固定する役割をします。信号発生器はキャビネットの4ラック・ユニット(EIAユニット)分(177 mm)を占有します。
    このフランジにはハンドル用の切り込みがないため、ハンドルのある測定器には使用できません。ハンドル付きラック・マウント・キットが必要な場合は、オプション1CP(ラック・マウント・フランジ/フロント・ハンドル・キット)を参照してください。
    その他のキットについては、下の関連製品のリンクを参照してください。
    アップグレード方法
    現在E8257C PSGをお持ちの場合は、E8257C-1CMを注文することでオプション1CM付きにアップグレードできます。
  • フロント・ハンドル・キット 1CN
  • 販売開始時参考価格:ー
  • ラック・マウント・フランジ/フロント・ハンドル・キット 1CP
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 PSGを標準の19インチEIAラック・キャビネットにインストール
    PSGにオプション1CPを装備すると、ラック・マウント・フランジ/フロント・ハンドル・キットが提供されます。このキットには、フランジ1対、2個のハンドル、信号発生器をEIA標準19インチ(482.6 mm)ラック・キャビネットにマウントするのに必要な金具が付属します。フランジはケースにある既存の穴を使って信号発生器に取り付けられ、信号発生器をラックのフロント・マウント・カラムに固定する役割をします。信号発生器はキャビネットの4ラック・ユニット(EIAユニット)分(177 mm)を占有します。
    その他のキットについては、下の関連製品のリンクを参照してください。
    アップグレード方法
    現在E8257C PSGをお持ちの場合は、E8257C-1CPを注文することでオプション1CP付きにアップグレードできます。
  • High RF output power 1EA
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 業界最高の高出力パワー
    高出力パワー・オプションを使えば、E8257C PSGアナログ信号発生器の出力パワーを大幅に増加して、外部増幅器を不要にできます。20 GHz以下の周波数では、出力パワーの実測値は標準性能に比べて最大12 dB増加し、20~40 GHzでは最大9 dB増加します(詳細についてはデータシートを参照)。出力パワーの実測値の最大値はそれぞれ+25 dBmおよび+18 dBmで、レベル確度は多くの場合で約±0.2 dBに達するので、被試験デバイスの精密な評価が可能です。プロットを表示
    代表的なアプリケーション
    オプション1EAは、被試験デバイスのストレス・テスト用にハイ・パワー信号が必要な信号発生アプリケーション用に推奨します。増加した出力パワーを利用して、システム・コンポーネントによる経路損失を補正したり、トランシーバを有効に評価したりできます。一般的なテスト・アプリケーションとして、増幅器のリニアリティの検証、ブロッキング/干渉発生、レシーバの最大入力レベルの評価などがあります。Keysightミリ波モジュールを使って110 GHzまでの周波数を発生する場合は、供給されるパワーによりPSG出力での外部ドライブ増幅器が不要になります。詳細情報
    ・ 業界最高の出力パワー - 性能の実測値は最大+25 dBm(3.2~20 GHz)および+18 dBm(20~40 GHz)
    ・ 優れたレベル確度 - 性能仕様は> +10 dBmの出力パワーに対して±0.8 dB(2~20 GHz)および±1.0 dB(20~40 GHz)
  • Type N connector 1ED
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 ニーズに応じたRF出力コネクタを選択
    PSGにオプション1EDを装備すると、標準のAPC 3.5 mm(オス)RF出力コネクタが精密N型(メス)RF出力コネクタに置き換わります。これにより、低コストのN型ケーブルやアダプタを容易に接続できます。
    代表的なアプリケーション
    N型コネクタは、18 GHzまでの周波数のみに推奨します。本器の全周波数レンジを利用するには、標準の3.5 mm(オス)RF出力コネクタを推奨します。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
  • Moves all front panel connectors to rear panel 1EM
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 ラック・マウント環境での使用に便利なコネクタ位置
    PSGにオプション1EMを装備すると、コネクタがすべてリア・パネルに配置されます。このオプションでは、すべてのフロント・パネル・コネクタが機器のリア・パネルに移動されます。
    オプション1EMは、以下のフロント・パネル・コネクタをリア・パネルに移動します。
    ・RF出力
    ・LF出力
    ・外部1入力と外部2入力
    ・ゲート/パルス/トリガ入力
    ・ALC入力
    ・同期出力
    ・ビデオ出力
    代表的なアプリケーション
    リア・パネル・コネクタは、製造やシステム検証などのラック・マウント・テスト環境でPSGを使用する場合に、ケーブルの管理を容易にする効果があります。リア・パネル・コネクタにより、インストールとメンテナンスが容易になり、ケーブルを整理して管理できます。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
  • 250kHz to 20 GHz 520
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 マイクロ波周波数のアナログ変調信号を発生
    オプション520を選択すると、PSGの周波数レンジが250 kHz~20 GHzになり、マイクロ波キャリア周波数の連続波(CW)またはアナログ変調信号を発生できます。PSGは最高性能の信号発生器であり、さまざまなアプリケーションに適した高忠実度/低雑音の波形を提供します。
    代表的なアプリケーション
    オプション520は、20 GHz以下のキャリア周波数が必要な信号発生アプリケーションに必要です。一般的な用途として、ポイント・ツー・ポイントおよびポイント・ツー・マルチポイント広帯域無線通信システム、レーダおよび電子戦システム、衛星システムのコンポーネント/レシーバ・テスト用のテスト信号発生があります。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
    ・AM、FM、φM、パルス・アナログ変調フォーマット
    ・250 kHz~20 GHzの周波数
    ・0.001 Hzの周波数分解能
    ・12 msの周波数スイッチング速度(代表値)
    ・高出力パワー
    ・業界最高の位相雑音性能
  • 250kHz to 40 GHz 540
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 マイクロ波周波数のアナログ変調信号を発生
    オプション540を選択すると、PSGの周波数レンジが250 kHz~40 GHzになり、マイクロ波キャリア周波数の連続波(CW)またはアナログ変調信号を発生できます。PSGは最高性能の信号発生器であり、さまざまなアプリケーションに適した高忠実度/低雑音の波形を提供します。
    代表的なアプリケーション
    オプション540は、40 GHz以下のキャリア周波数が必要な信号発生アプリケーションに必要です。一般的な用途として、ポイント・ツー・ポイントおよびポイント・ツー・マルチポイント広帯域無線通信システム、レーダおよび電子戦システム、衛星システムのコンポーネント/レシーバ・テスト用のテスト信号発生があります。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
    ・AM、FM、OM、パルス・アナログ変調フォーマット
    ・250 kHz~40 GHzの周波数
    ・0.001 Hzの周波数分解能
    ・12 msの周波数スイッチング速度(代表値)
    ・高出力パワー
    ・業界最高の位相雑音性能
  • Ramp sweep 7
  • 販売開始時参考価格:ー
  • PSGにオプション007を装備すると、フル・シンセサイズされたアナログ周波数とパワーの掃引を実行できます。これは、利得/周波数応答などの掃引スティミュラス/レスポンス測定の入力信号としてPSGを使用する場合に重要です。フル・シンセサイズされた信号発生器は、バンド交差を除く周波数掃引全体程でフェーズ・ロックされます。このため、掃引開始時にフェーズ・ロックされ、掃引の残りの部分では開ループ動作する従来の「ロック・アンド・ロール」型スイーパに比べて、で10~100倍(代表値)優れた周波数確度が得られます。PSGの高出力パワーと高い掃引速度により、スティミュラス/レスポンス測定のダイナミック・レンジとスループットが向上します。
  • 英語ドキュメント・セットのハードコピー ABA
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 PSGドキュメント・セットのハードコピー(英語版)
    オプションABAは、E8257C PSGアナログ信号発生器の英語(米国)ドキュメント・セットのハードコピーを提供します。
    各信号発生器には、購入時に英語ドキュメント・セット(PDFフォーマット)のCD-ROMが付属します。このCDの追加コピーを注文するには、オプションCD1を参照してください。
    英語ドキュメント・セットの内容は次のとおりです。
    ・インストール・ガイド
    ・プログラミング・ガイド
    ・アセンブリ・レベル・サービス・ガイド
    ・SCPIコマンド・リファレンス・ガイド
    ・エラー・メッセージ・ガイド
    ・データ・シート
    上記の各ガイドのハードコピーは別途注文できます。ユーザーズ・ガイドの別言語版のハードコピーも購入可能です。
    英語ドキュメント・セットに含まれる各ドキュメントは、Keysight WebサイトからPDFフォーマットで無料で入手することもできます。
    アップグレード方法
    現在E8257C PSGをお持ちの場合は、E8257C-ABAを注文することでオプションABA付きにアップグレードできます。
  • Commercial calbirations certifcate w/ test data UK6
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 PSG校正証明書の印刷版
    オプションUK6は、E8257C PSG信号発生器の校正証明書と、出荷前の校正段階で得られたテスト・データすべての印刷版を提供します。オプションUK6は信号発生器の新規購入時にのみ注文可能です。
    アップグレード方法
    このオプションにはアップグレード・キットはありません。
  • Enhanced phase noise UNR
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 概要 PSGの標準の位相雑音性能が向上
    PSGにオプションUNRを装備すると、従来のマイクロ波信号発生器の業界標準をはるかに超える位相雑音性能を実現できます。オプションUNRは、PSGの標準の内蔵周波数基準を、高性能の内蔵周波数基準に置き換えます。これにより、近接位相安定度が向上し、キャリアから10 kHz以内のオフセットで優れた位相雑音性能を達成できます。プロットを表示
    代表的なアプリケーション
    オプションUNRは、高い信号純度や優れた変調精度が必要な信号発生アプリケーション用に推奨します。代表的なアプリケーションとして、LO置換、低ジッタ・クロック信号、ブロッキング/干渉信号、キャリア近傍のスティミュラス/レスポンス測定があります。
    アップグレード方法
    このオプションにはユーザ・インストール可能なアップグレード・キットはありません。
    ・業界最高の位相雑音性能 - 周波数基準の改良により、残留FMが減少し、キャリアから10 kHz以内のオフセットでの位相雑音性能が向上します。10 GHzのキャリア周波数、1 kHzのオフセットでは、オプションUNRは標準の位相雑音性能に比べて25 dB以上の向上を達成します。
    ・最先端の技術 - 最新の周波数基準技術を市販の標準のマイクロ波信号発生器で利用できます。

関連資料ダウンロード

プレミアム会員登録 (無料) が必要です

関連資料をダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

後継機種情報

その他の標準信号発生器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事