計測器

ダブルワイド・ブレッドボードMモジュール

キーサイト・テクノロジー E2259AE2200シリーズ VXI Mモジュール/キャリア

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
E2259A ダブルワイド・ブレッドボードMモジュール キーサイト・テクノロジー

商品説明

概要 Keysight E2259Aは、ダブルワイド、レジスタ・ベースMモジュールです。
このモジュールを使用すれば、ユーザのシステムに合わせて特殊な機能を設計、構築できます。
フィルタ、増幅器などのカスタム回路を、1/10インチ間隔で配列されたブレッドボードのメッキ穴に実装できます。
カスタム回路が1つのMモジュール・スロットに収まる場合には、ブレッドボードを切り込み線に沿って分割できます。
付属マニュアルに、製作した回路とMモジュール・キャリアの接続方法が記載されています。+5Vおよび+12V電源を供給可能です。
接続には、2個のプラスチック・ハウジング付き44ピンD-Subコネクタを使用します。
Keysight E2250AおよびKeysight E2251A Mモジュール・キャリア内では各Mモジュールが個別のアドレス空間を占有するため、Mモジュールを様々な組合せで使用できます。
このため、機能を小ブロック単位で必要な数量だけ使用できるので、全体のシステム・コストを低減できます。
Mモジュールのスロット要件は、Keysight E2250AまたはKeysight E2251A Technical Dataをご参照ください。
インスツゥルメント・ドライバのダウンロード方法と最新の製品アップデートについては、下の「Related Link Section」をご参照ください。
・ダブルワイド、レジスタ・ベース
・特殊機能の設計と構築に使用
・レジスタ・ベース・インタフェースにより設計時間を短縮
・16個のバッファ付きデータI/Oライン
・1個または2個のMモジュール・スロットを使用
・WindowsおよびNTは、Microsoft Corporationのアメリカ合衆国における登録商標です。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他のVME/VXIシステム

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「記録計・データロガーの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事