計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売終了
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
E1355A E1355A 8チャネル120Ω歪みリレー・マルチプレクサ キーサイト・テクノロジー

商品説明

概要 Keysight E1355A 120Ω歪みリレー・マルチプレクサは、Bサイズ、1スロット、 レジスタ・ベースのVXIモジュールです。
本リレー・マルチプレクサは、最大8チャネルに対するブリッジ構成および 励振電圧回路を備えています。
マルチプレクサ・モジュールは、1枚のBサイズ・コンポーネント・カード (ラベルE1345-66201)と、コンポーネント・カードに差し込む1個のねじ端子ブロックから成ります。
Keysight E1355Aは、Keysight E1345A、E1347A、およびE1356Aと機能的にほぼ同じです。
SCPIコマンドをDMM (Keysight E1326BまたはE1411B)に送ることにより、複数のマルチプレクサ・チャネル上で、 工学単位への自動変換機能を持つ歪みゲージ測定が実行できます。
これらのKeysight DMMがSCPIでサポートする歪み測定には、1/4ブリッジ、ベンディング・ハーフ/フル・ブリッジ、ポジション・ハーフ/フル・ブリッジ、およびベンディング・ポジション・フル・ブリッジがあります。
Keysight E1355Aの診断機能には、張力シャント、圧縮シャント、 リード線抵抗、内部ハーフ・ブリッジ電圧、ガード電圧およびブリッジ 励振電圧があります。
製品の最新アップデートのほか、使用可能な計測器ドライバやダウンロードの手順については、 以下に示す関連リンク・セクションを参照してください。
・1スロット、Bサイズ、レジスタ・ベース
・8チャネル120Ω歪みゲージ・リレー・マルチプレクサ
・ブリッジ構成による歪みゲージ測定
・+5V励振回路によるクォーター、ハーフ、およびフル・ブリッジ
・歪み、電圧、電流、および抵抗測定
・ブリッジ構成の自動変換
・WindowsおよびNTは、米国マイクロソフト社の登録商標です。

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他のVME/VXIシステム

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「記録計・データロガーの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事