計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
BT2200 充放電プラットフォーム キーサイト・テクノロジー

商品説明

高いコストパフォーマンスで容易にLi-Ion電池形成を再構成できます。モジュラー構成によって1つのシャーシで8~256のセル/ユーザーチャネルに対応でき、最大電流要件が6 A~200 Aのセルをサポートしています。
セルの要件と容量の変化に応じて容易にチャネル構成を変更できます。
電源モジュールを容易に再利用でき、新たなチャネルの組み合わせが並列接続になるように外部の配線を変更できます。
1シャーシ当たり最大8つの電源モジュールをサポートする2つのシャーシ(3相、208 Vacおよび400 Vac)をベースとしています。
各電源モジュールは、±6.25 A/6 Vの物理チャネルを32個備えています。
1モジュール当たり最大32個の物理チャネルを組み合わせて並列接続して、より大電流のグループを構成できます。
モジュールの32個のチャネルを並列接続した場合には、大容量セルに対して±200 Aの充放電電流を供給できます。
電流、電圧、容量の正確な測定は1秒のサンプル間隔で実行されます。
プログラミングインタフェースはUSBおよびLANです。
GPIOを障害モニタリングおよびシャットダウン向けのデジタルIOに設定できます。
充電、放電、休止のステップを含む最大8個の独自シーケンスをシステムごとに定義できます。
各シーケンスには最大256ステップを含むことができます。個々のステップは、CVターゲット、CCターゲット、ステップ持続時間で定義します。
各シーケンス・ステップでは、ステップ中1秒に1回チェックされる 最大32個のテスト条件を定義できます。
ユーザー定義のテスト条件によって、個々のシーケンスステップ中に以下のパラメータをモニターします。
電圧、電流、電力、アンペア*時(Ah)、ワット*時(Wh)、ΔV/Δt、ΔI/Δt、ΔV、ΔI。条件が適合するとセルに障害が発生したと判断されて
そのセルの充放電は停止されますが、別のセルはシーケンスを継続します。

商品スペック

>>もっと見る

高いコストパフォーマンスで容易にLi-Ion電池を充放電して再構成可能。
• 6 A~200 A、8~256チャネルのモジュラー構成。
• 1シャーシ当たり最大8モジュール、1モジュール当たり32チャネルを搭載可能。
• 1モジュール当たり最大32個の物理チャネルを組み合わせて並列接続して、より大電流のグループを構成可能。
充放電電流
• レンジ:物理チャネル当たり±6.25 A。最大32チャネルを並列接続して、1つのユーザーチャネル当たり最大±200 Aまでレンジ拡張可能。
• サンプリング間隔:1秒
電圧
• レンジ:充電:0~6 V、放電:1.2~6 V (0 A)、1.55~6 V (最大電流の 50%)、1.9~4.73 V (最大電流)
• サンプリング間隔:1秒
シャーシ
• AC電源ライン入力:3相、208 Vacまたは400 Vac
• プログラミングインタフェース:USBおよびLAN
• GPIO:障害モニタリングおよびシャットダウン向けのデジタルIOに設定可能

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・「プログラマブル (出力可変型) 直流安定化電源の基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事