計測器

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー
89441A ベクトルシグナルアナライザ キーサイト・テクノロジー
販売開始
販売状況
メーカー製造終了
販売開始時参考価格
サポート状況
サポート終了
閲覧にあたっての注意事項
  • 販売開始時参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • レンタル品は在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
  • 画像は同一シリーズのものを掲載している場合があります。

商品説明

Keysight 89441Aは、スカラおよびベクトル解析モードで、RF周波数DC - 2.65GHzにわたるベースバンドをカバーします。スカラRFモードでは、最大2648MHzまでのフル・スパンをカバーします。ベクトルRFモードは高速度と拡張した信号処理機能を提供して、高度な時間ドメインの特性評価と復調を可能にします。ベクトル・スパンは、2.65GHzの周波数レンジ内で最大7MHzを選択できます。Keysight 89410Aの全機能を提供する、ベクトル・ベースバンド・モードも使用可能です。ベクトルRFモードでは、位相と振幅の両特性を時系列データとして捕捉できます。このデータを、狭分解能スペクトラム解析、AM/FM/PM復調、時間選択解析、ベクトル変調解析(オプション)、その他さまざまな測定のために使用できます。

商品スペック

>>もっと見る

【周波数】DC~2.65GHz
【分解能帯域幅】312.5μHz~3MHz
【DANL】-160dBm@1GHz
【入力レンジ】-50dBm~+25dBm
【Op080】3GPP W-CDMA解析
【Op100】バンドル(OpAY9/AYA/B73/B79)
【Op1C2】HPインスツルメントBASIC
【Op1F0】キーボード追加
【OpAY7】2次10MHz入力チャンネル
【OpAY8】内蔵RF信号源
【OpAY9】タイムキャプチャ1Mサンプル拡張
【OpAYA】ベクトル変調解析
【OpAYB】ウォーターフォールおよびスペクトログラム
【OpAYH】ディジタルビデオ変調解析
【OpB73】W-CDMA用CDPシステム
【OpB79】ARIB1.0-1.2 W-CDMA解析
【OpB7A】EDGE変調解析

オプション

  • HPインスツルメントBASIC 1C2
  • 販売開始時参考価格:ー
  • キーボード追加 1F0
  • 販売開始時参考価格:ー
  • -160dBm@1GHz DANL
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 3GPP W-CDMA解析 Op080
  • 販売開始時参考価格:ー
  • バンドル(OpAY9/AYA/B73/B79) Op100
  • 販売開始時参考価格:ー
  • HPインスツルメントBASIC Op1C2
  • 販売開始時参考価格:ー
  • キーボード追加 Op1F0
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 2次10MHz入力チャンネル OpAY7
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 内蔵RF信号源 OpAY8
  • 販売開始時参考価格:ー
  • タイムキャプチャ1Mサンプル拡張 OpAY9
  • 販売開始時参考価格:ー
  • ベクトル変調解析 OpAYA
  • 販売開始時参考価格:ー
  • ウォーターフォールおよびスペクトログラム OpAYB
  • 販売開始時参考価格:ー
  • ディジタルビデオ変調解析 OpAYH
  • 販売開始時参考価格:ー
  • W-CDMA用CDPシステム OpB73
  • 販売開始時参考価格:ー
  • ARIB1.0-1.2 W-CDMA解析 OpB79
  • 販売開始時参考価格:ー
  • EDGE変調解析 OpB7A
  • 販売開始時参考価格:ー
  • 4MB拡張RAMおよびI/O追加 OpUFG
  • 販売開始時参考価格:ー
  • LAN OpUG7
  • 販売開始時参考価格:ー

関連資料ダウンロード

プレミアム会員登録 (無料) が必要です

関連資料をダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

レビュー

使用用途:その他のレビュー

項目別評価:

  • 使いやすさ
  • 機能
  • 性能
  • 耐久性
  • サイズ・重量
主にDigitalModulationの復調で使用。
対応周波数は2.65 GHzまでとなりますが、信号によってはKeysightの89600を載せたスペアナよりも良いSPECとなる部分があります。コンバ-タを含めるとかなりの重量となってしまいますが、残留EVMの低さなどは魅力的ではないでしょうか。普段使いは89600搭載スペアナで、仕様ギリギリなどの確認には89441Aと比較などしても良いと思います。

変調信号をスカラーモードでも表示できますので、最適な幅などを確認しながら復調する事ができます。
復調の速度自体はやはり最新機種などと比べると遅いです。
PDCやDECTなど、標準的な通信信号は、あらかじめ測定モードが用意されているので、すぐに測定が出来ます。デバイス関係はそれで測定出来ますし、当然ながら細かく設定を変更する事も可能ですので、リアルタイム生成する変調信号などはそこでパラメータ調整を行います。QAMも16までは測定できたと思います。
2FSKの信号測定などは、どうしても同期が取れなくなることがあるので注意が必要です(コンスタレーション表示でもすぐわかります)。
投稿日 :2017/11/24投稿者 :Nocturne さん

その他のベクトルシグナルアナライザ

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事