計測器

高加速冷熱衝撃装置(HAATS)

エスペック AMR-040-UA

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート終了
中古品情報
お問合わせ
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
AMR-040-UA 高加速冷熱衝撃装置(HAATS) エスペック

商品説明

多機能化,エレクトロニクス化が進む自動車では、自動車機能安全規格「ISO26262」、基本安全規格「IEC61508」を代表とする機能安全への取り組みが必要とされ、車載機器の高信頼性の要求により厳しい環境ストレスを負荷できる冷熱衝撃装置が必須となっています。

はんだクラックの短時間評価の提案

信頼性の要求が高まり、ストレス試験に対する試験時間が長くなる一方、商品開発時間は短縮を要求されます。

これまでの冷熱試験時間を1/3に短縮させた、新開発の高加速冷熱衝撃装置と、プリント基板と電子部品の接続部の信頼性を評価する導体抵抗評価システムを組合せ、開発期間の短縮、さらには消費電力の低減をも実現いたします。

特長

・これまでの冷熱衝撃試験と相関性をもつ試験結果を得ることができます。※1

※1 冷熱衝撃試験は”温度差加速モデル(アイリングモデル)”に基づきます。寿命サイクルと温度差の関係が次の式で表されます。
L=A(ΔT)-n
L=寿命サイクル
A=定数
ΔT=温度差
n=温度差係数
これにより、さらし時間が評価結果に影響しないと判断できます。エスペック株式会社が独自に行ったサンプル試験においても同様な結果が得られています。

・高風速と独自の気流制御により、+125⇔-40℃温度復帰3分を実現。 これまでの冷熱試験時間を1/3とし、試験時間を大幅短縮しました。

・デフロストフリー機能により、霜が付きにくく試験を中断する除霜が不要です。
除霜に要する時間・消費電力を削減できます。

・風速可変装置により風速を抑えることができるため、従来の冷熱衝撃試験も行えます。


・冷熱衝撃試験中に、微小電流・微小抵抗を連続測定でき、故障判定に絶対値判定と変化率判定とで正確に判定します。
・直流電流計測方式と交流電流計測方式の2タイプを、ご用意しています。

商品スペック

>>もっと見る

【計測方式】流電流計測方式
【チャネル構成】標準40ch(最大280ch/ラック)
【チャネル制御】10ch単位
【抵抗測定範囲】1.0×10(-3)~1.0×10(6)Ω
【測定レンジ】10mΩ、100mΩ、1Ω、10Ω、100Ω、1kΩ、10kΩ、AUTO
【計測器】Model:4338B(アジレント・テクノロジー社製)
【外寸法】W530×H1750×D940mm

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の環境試験器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

関連記事