計測器

ディジタル変調信号発生器

アンリツ MG3681A

基本情報

販売開始
2000 年 5 月
販売状況
販売終了
販売時参考価格
2,400,000 円〜
サポート状況
サポート終了
中古計測器情報はこちら
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
MG3681A ディジタル変調信号発生器 アンリツ

商品説明

ディジタル変調信号発生器 MG3681A は、ディジタル移動体通信機器や関連デバイスの開発から量産までの工程で必要な、高速で高精度なベクトル変調信号を出力できる、広帯域直交変調器を備えています。
250 kHz~3GHzの周波数をカバーし、主要な移動体通信周波数バンドに対応できます。また周波数特性, ひずみ特性, S/N比などの基本性能が優れた直交変調器を採用し、高速変調レート通信方式の受信機の感度試験や送信機の隣接チャネル漏洩電力比試験などを正確に行えます。

商品スペック

>>もっと見る

【周波数】250kHz~3GHz
【出力パワー】-143~+13dBm
【最高信号純度】-118dBc/Hz(1GHz,20kHzOffset)

オプション

  • TDMA 変調ユニット MU368010A
  • 販売時参考価格:ー
  • ユニバーサル変調ユニット MU368030A
  • 販売時参考価格:ー
  • W-CDMA変調ユニット MU368040A
  • 販売時参考価格:ー
  • GSMデバイステストソフトウェア MX368012A
  • 販売時参考価格:ー
  • デバイス信号発生ソフト MX368031A
  • 販売時参考価格:ー
  • W-CDMA解析ソフト MX368041A
  • 販売時参考価格:ー
  • W-CDMA解析ソフト MX368041B
  • 販売時参考価格:ー
  • IS-95デバイステストソフトウェア MX368042A
  • 販売時参考価格:ー
  • 高安定度基準発振器 Op01
  • 販売時参考価格:ー
  • 高安定度基準発振器 Op02
  • 販売時参考価格:ー
  • 拡張I/Q信号出力 Op11
  • 販売時参考価格:ー
  • 狭帯域ベクトル変調・AM同時変調時LPF Op13
  • 販売時参考価格:ー
  • AFシンセサイザ Op21
  • 販売時参考価格:ー
  • RFハイレベル出力 Op42
  • 販売時参考価格:ー

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

後継機種情報

その他の標準信号発生器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事