計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
230,000 円〜
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
CA10-QUADPAK 電流センサ・アダプタ テレダイン・ジャパン

商品説明

サードパーティ製電流測定デバイス用アダプタの4個セットサードパーティ製の電流センサをテレダイン・レクロイ製のプローブと同じように使用可能
・サードパーティ製センサのパラメータをEEPROMに保存
・用途に応じてシャント抵抗やRLCフィルタの部品を追加可能
・ProBusプローブ・インタフェースにより表示単位をA/divに自動変換
・簡単で間違いのない計測でヒューマンエラーを防止
CA10は、サードパーティ製の電流センサをテレダイン・レクロイ製オシロスコープやモータ・ドライブ・アナライザで簡単に使用出来るようプログラムし、カスタマイズができる電流センサ用アダプタです。CA10は、接続する電流プローブのゲイン/減衰率を自動的に補正し、アンペアを単位として表示するようにプログラムすることができるので、簡単に使用できます。CA10を用いると、サード・パーティ製センサをテレダイン・レクロイ製プローブと同じように自動認識して使用することができます。
CA10 ProBus 電流センサ・アダプタに接続されたDanisense製電流センサとCA10に接続可能なピアソン製電流センサおよびPEM-UK製ロゴスキ・コイル
■幅広い電流計測
CA10 ProBus 電流センサ・アダプタは、多様なサード・パーティ製電流センサをテレダイン・レクロイ製オシロスコープやモータ・ドライブ・アナライザを簡単に接続することができるため、幅広い電流計測を可能にします。一度CA10をプログラムすると、サードパーティ製電流センサはテレダイン・レクロイ製プローブと同様に利用することができます。
【利用可能なセンサ】
・ピアソン製電流センサ
・Danisense/LEM製電流センサ
・PEM-UK ロゴスキ・センサ
・従来からの電流トランスなど
■カスタマイズ可能
CA10に接続する電流センサに必要なシャント抵抗や帯域フィルタなど部品を追加することができます。CA10は、帯域制限フィルタを利用して帯域を200MHzあるいは20MHzに設定するようにプログラムすることができます。
■簡便操作
プログラムは、直感的で簡単に行えます。一度CA10を設定すると、テレダイン・レクロイ製オシロスコープやモータ・ドライブ・アナライザがサードパーティ製センサを認識して正しいスケールに自動的に合わせます。このことにより、接続するたびにスケールを設定する手間を省き、設定ミスを防ぎます。
■CA10のカスタマイズ
シャント抵抗や帯域フィルタの部品をCA10に追加することができます。部品を追加する為に必要な回路図をここに示します。CA10は出荷時にはL1には0Ω(シャント)が装着され、他の部品は装着されていません。注意:電流トランスの二次側を終端しないままに電流を計測すると、大きな電圧が発生することがあります。もしも、CA10に二次側がオープンの電流トランスを接続する場合は、適当な値の終端抵抗をCA10に装着してください。回路のカスタマイズするには、テレダイン・レクロイのウェブサイトからCA10ProBus電流センサ・アダプタのマニュアルをダウンロードして参考にしてください。

商品スペック

>>もっと見る

【入力カップリング】DC、AC、Both
【入力終端】MΩまたは50Ωにプログラム可
【プログラム可能な帯域制限フィルタ】Full、200 MHz、20 MHz
【電流センサ・コネクタ】BNC

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

・JEMIMAと相互リンクの「デジタルオシロスコープの基礎と概要」掲載中!記事は こちら

関連記事