計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
中古計測器情報はこちら
閲覧にあたっての注意事項
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
3117 ダブルリッジガイドアンテナ ETS-LINDGREN

商品説明

ETS-Lindgrenのモデル3117ダブルリッジ導波管は、ETS-Lindgrenのマイクロ波およびEMC測定用のダブルリッジ導波管ホーンファミリに新しく追加されたものです。このモデルは、リッジ型導波管アンテナで一般的に見られる、周波数範囲の上限での低ゲインを補正します。
このアンテナのユーザーは、ターゲット表面の均一な照明と正確なゲイン測定から恩恵を受けます。さらに、3117はその動作周波数帯域にわたって高い利得と低いVSWRを示し、300ワットの中程度の電力入力を受け入れます。

このアンテナの電気的特性は、電磁界シミュレーションソフトウェアを実行する強力なワークステーションを使用して設計およびモデル化されています。同様に重要な、経験豊富なRFエンジニアが私たちの製造チームと協力して、実用的で手頃な価格のモデリングプロセスを実現しました。すべての製造ユニットは、当社のA2LA認定ラボで個別に校正されています。

・シングルローブ放射パターン
モデル3117は、その周波数範囲にわたって、ホーン軸の方向に単一のメインローブパターンを維持する。この特性は、ターゲット表面での電磁エネルギーの均一な分布、およびゲインとベクトル情報の正確な測定に不可欠です。モデル3117のユニークなデザインは高次モードの伝播を抑制します。その結果、そのクラスの他のアンテナよりも優れた、明確に定義された単一ローブ放射パターンを持つアンテナが得られます。

・超広帯域
モデル3117は1GHzから18GHzまで帯域を遮断することなく掃引するため、自動テストに最適です。それはそのクラスのあらゆるアンテナの最も広い使用可能な周波数範囲を持ち、高次モードからの性能劣化はありません。

・電源入力
モデル3117はタイプNコネクタを使用し、最大500ワットのピーク電力で最大300ワットの連続入力電力を受け入れます。動作周波数におけるアンテナの高利得と低VSWRは、効率的なアンプの使用と高い電界強度につながります。

・均一利得、低VSWR
このアンテナは、放射パターンの動作が優れているため、利得とアンテナ係数がより均一になります。パターンは周波数に対して安定しているため、ゲインとAFも安定しています。このクラスの同様のアンテナは、周波数が増加するにつれて利得およびAFの大きな変動を示す。

商品スペック

>>もっと見る

【最低周波数】1GHz
【最大周波数】18GHz
【インピーダンス(公称)】50Ω
【最大連続電力】300W
【ピーク電力】500W
【パターンの種類】方向
【偏光】リニア
【VSWR】最大3.5:1、1.5GHz以上で< 2:1
【コネクタ】タイプN
【高さ】15.5 cm(6.1インチ)
【幅】17.5 cm(6.9インチ)
【奥行き】17.5 cm + 15.5 cmマウント(6.9 in + 6.1 in Mount)

関連資料ダウンロード

会員登録 (無料) が必要です

関連資料のダウンロードは会員限定です。
関連資料をダウンロードいただくには会員登録が必要です。

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他の計測器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・登録資料数約3万点のカタログ提供サービスをリリースしました「カタログ倉庫

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集

関連記事