計測器

基本情報

販売開始
販売状況
販売中
販売時参考価格
サポート状況
サポート中
この中古品を探す
閲覧にあたっての注意事項を表示する
  • 新品参考価格は発売当時の価格であり、現在の価格とは異なります。
    詳細はメーカへお問合せください。また、オプション構成によっても異なります。
  • 販売・サポートは登録時のものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
    実際の状況はメーカーにお問合せください。
  • 中古品は既に在庫が無く、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承願います。
閲覧にあたっての注意事項を閉じる
APX515B オーディオアナライザ オーディオプレシジョン

商品説明

APx515はGUI経由でスタンドアローン動作させることもできますが、.NETやLabVIEWアプリケーションから制御することもできます。どちらの場合でも、キーボード、フットコントローラ、バーコードスキャナなどから制御できます。
また、完全に自動制御とすることも可能です。
スイッチャーや、合否判定表示用ライトなどの外部デバイスもサポートしています。

スタンドアローンモードでは、一般的なオーディオ測定のリストから測定項目を選択することで、複雑な試験シーケンスをコーディングすることなく組むことができます。
また必要に応じて合否リミット、拡張構成、ユーザープロンプトを追加設定でき、レポートの形式もMicrosoftWordによるグラフィカルなレポートやCSV出力などから選択可能です。
不慮の変更から製造ラインで運用するプロジェクトファイルを守るためにプロジェクトの変更をロックすることもできます。

自動化された工程では、.NETやLabVIEWといったマスターアプリケーションからAPI、 APx LabVIEWドライバーを利用してAPx515を制御します。
個々の測定を生成したり、マスターアプリケーションから、予めAPX UI上で作られた試験シーケンスを呼び出すこともできます。
・THD+N -106 dB(代表値) FFT 1,000,000ポイント
・コーディングすることなく3秒で全試験シーケンスを完了
・ワンクリックで測定できるインタラクティブ ユーザーインターフェース
・VB、.NET、C#.NET、 LavVIEWドライバに対応
・スペースを占有しない小型ボディ、重量わずか4 kg
・MicrosoftWordやAPx UIを使用してレポートのをカスタマイズ
・IMD、MOL、ダイナミックレンジ、FFTなどを含む拡張測定ライブラリ
・プロジェクトファイル、.wav アクイジションファイルは他のAPxシリーズと共通

商品スペック

>>もっと見る

主な仕様
出力性能
【残留THD+N (20 kHz BW)】–102 dB + 1.4 μV
【残留THD+N (20 kHz BW)】Typical 90 kHz
【IMD測定能力】SMPTE, MOD, DFD
【振幅精度 (1 kHz) 】±0.05 dB
【振幅フラットネス(10Hz-20KHz) 】±0.010 dB
【残留入力雑音(20 kHz BW) 】1.4 μV
【最大FFT長】1024K points

レビュー

この商品には現在レビューがありません。
レビュー投稿へのご協力をよろしくお願いいたします。

その他のオーディオ関連測定器

サービス紹介

・動画で学べる「計測入門講座 Isee!」を掲載開始! 視聴は こちら

・計測・測定に関する用語全般を収録した TechEyesOnline の用語集をリリースしました「計測関連用語集