カタログ倉庫

[データシート] W6600A Series LPDDR4 BGA Interposers

BGAインターポーザー(DDR4×4/×8,ウイング×2,61ピンZIF接続)

商品紹介

概要W6601A 200ボールLPDDR4 DRAMプロービング用のBGAインターポーザー(LPDDR4、ウイング×2)を使用すれば、U4164Aロジック・アナライザ・モジュールのクワッド・サンプル・ステート・モードの利点をフルに活用できます。 W6601Aは、LPDDR4 200ボールDRAM用のリード/ライトトラフィックを3.2 Gb/s以上のデータレートで同時に捕捉できる最小のBGAインターポーザーです。
U4208A/U4209Aプローブ/ケーブルを使用すれば、W6601A LPDDR4 BGAインターポーザーを、直接、U4164Aロジック・アナライザ・モジュールに接続できます。
接続の際は、W6601A BGAインターポーザーのウイングにU4208A/U4209Aの61ピン高密度ZIFコネクタを取り付けて使用します。
W6601Aに接続されるLPDDR4信号のすべてのリストについては、W6601Aのデータシートを参照してください。
W6601A LPDDR4 200ボールBGAインターポーザーにより、U4164Aロジック・アナライザを使用してデバッグ/検証に不可欠なLPDDR4信号にアクセスできます。
このプローブは既存のデザインで使用でき、事前のプラニングや再デザインが不要です。
また、DRAMのボールに、LPDDR4 200ボールライザー(付属)を使って直接接続することも、オプションのサードパーティー製のソケット(付属していません)を使って接続することも可能で、高速LPDDR4信号を捕捉することができます。
■主な特長と仕様
3.2 Gb/s以上のデータレート用にデザインされた、業界最小のLPDDR4 200ボール用BGAインターポーザー
・ すべてのチャネルAのバンク0およびバンク1、アドレス、コマンドへの接続の提供、U4164Aロジック解析システムとJEDEC規格の200ボールLPDDR4 DRAMとの間の制御
・ 業界標準の200ボールのLPDDR4 DRAMの部分的なデータトラフィックのモニター、およびLPDDR4信号のDDRアイスキャン/バーストスキャンのための信号アクセス
・ インターポーザーの下のKOV(keep-out volume)を抑えるためのカスタム仕様の200ボールLPDDR4ライザーが付属(ライザーはオプションのサードパーティー製のソケット(付属していません)に置き換えることが可能)、また、あらゆるはんだ仕上げに対応し、無鉛はんだ付け温度プロファイルに対応した設計
各W6601A LPDDR4 200ボール BGAインターポーザーには以下が必要です。
・ U4164A ロジック・アナライザ・モジュール(クワッド・サンプル・ステート・モード用のオプション02Gを搭載)とU4164Aロジック・アナライザ・モジュール用シャーシ(コントローラーまたはホストPCが必要)
・ 1本のU4208Aプローブ/ケーブル(61ピンZIF型、左ウイング用、RC回路なし、ロジック・アナライザのフロント・パネル・コネクタへの160ピンダイレクト接続)
・ 1本のU4209Aプローブ/ケーブル(61ピンZIF型、右ウイング用、RC回路なし、ロジック・アナライザのフロント・パネル・コネクタへの160ピンダイレクト接続)
・ B4661Aメモリ解析ソフトウェア標準ツールのインストール時にインストールされるデフォルト設定(標準ソフトウェアツールとデフォルト設定は無料)
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員登録 (無料) が必要です

カタログをダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

第9回計測器中古市