計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

ROMライタ

読み方:

ろむらいた

カテゴリー:

#ROMライタ

ROM(Read Only Memory:読み出し専用メモリ)にデータを書き込んだり、上書きする測定器。ROMプログラマとも呼ばれる。1970年代からのマイクロプロセッサ(MPU、CPU)の普及によって、プログラムを格納するメモリも増えた。ROMは重宝され、組み込み機器の開発現場には必ずROMライタがあった。多くの種類のデバイスに対応する1個書きモデルと、生産現場で複数個のROMを一度に書き込む「ギャング」モデルがある。ROMライタのROMを差し込むソケット上に変換アダプタを載せて使用する場合もある。OS更新と変換アダプタによって、各デバイスメーカから次々と発売されるデバイスに対応した。ROMライタには製品ごとに、OSのバージョンに対応したデバイスリストがあり、各メーカが公開した。計測器メーカとしては海外のDATA I/O (データ・アイ・オー)が有名(代理店は長らく東陽テクニカだったが、2020年11月に他社に業務移管)。国産ではアバールデータがPecker(ペッカー)の愛称でシェアを伸ばした。半導体テスタのメーカでもあるアドバンテストと安藤電気はほぼ同じ時期(1980年初頭)から販売開始した。前者のTR4900シリーズはエーディーシーに引き継がれたが全て製造中止。後者はAF-9702を初号機として、2019年4月には最新モデルAF9750を発売など、ラインアップを増やしている。安藤電気のROMライタは1994年に東亜システムエンジニアリング(現東亜エレクトロニクス・フラッシュサポートカンパニー)に移管され、製品開発・販売が続いている。形名もほぼ継承されているが、AF-9700からAF9700と、「-」が無くなった。安藤電気同様にNECのグループ会社であったミナトエレクトロニクスもミナトホールディングス傘下のミナト・アドバンスト・テクノロジーズと社名を変え、Model1800、1900シリーズなどを発売している。主要な国産ROMライタはフラッシュサポートとミナトの2社(奇しくもNEC系列の半導体テスタメーカ)となった。フラッシュサポートは東亜エレクトロニクスグループのROMライタ専業メーカで、生産ラインの設備となるROMライタに力を注いでいる。ミナトはデジタルサイネージを主力製品にしようとしている。ROMライタだけで単独のビジネスは難しい状況といえる。

速納.com 1周年記念キャンペーン