速納.com 新品オシロ・マルチ10%OFFキャンペーン さらに、大好評ノベルティプレゼントの第4弾を開催中!!

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

4端子対法

読み方:

よんたんしついほう

カテゴリー:

#回路素子測定器

(4-terminal pair method)
LCRメータなどの交流インピーダンス測定では試料(DUT)との接続方法は4端子法ケルビン接続)が一般的である。4端子法の配線にシールドを加えてシールド導体はガード端子に接続し、4端子法では測定できない高インピーダンス(10kΩ~10MΩ)に対応したのが5端子法だが、シールドケーブルのシールド側を利用して電流の往路と復路を重ねたのが4端子対法である。4端子対法は磁束の発生を抑えて電磁誘導による影響をなくす効果がある。

参考記事: LCRメータの基礎と概要 (第2回)の2ページ目・・試料との接続方法を図解。