計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

電圧計

読み方:

でんあつけい

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器

(voltmeter)
計測器のカテゴリー(機種分類)で、「電圧・電流・電力測定器」は1番目に出てくる基本計測器である。その内訳はマルチメータ、電圧計、電流計電力計電圧電流発生器標準器などである。当サイトでの内訳(分類、小カテゴリー名称)は、デジタルマルチメータ(DMM)、デジタルパワーメータ、電圧計・電流計、クランプ電流計、電力計、クランプ電力計、直流(または交流)電圧電流発生器&校正装置、マルチキャリブレータである。ここでいう電圧計・電流計とは、アナログ電圧計とアナログ電流計、電力計とはアナログ電力計のことを指す。昨今、計測器はデジタル表示が主流になったが、マイクロプロセッサが登場する以前(1970年以前)はすべてアナログ式(針が振れる指示計器)の表示だった。現在でも精密な電圧計や電流計、電力計(0.5級1.0級)はアナログである。

一般に電圧計というと「電圧を測定するもの」であるから、DMMも電圧計の1種と思われるが、分類としてはDMM(電圧だけではなく電流や抵抗も測定できるマルチメータ、複数の項目が測定できるメータ)になる。つまりデジタル式マルチメータが広く普及して、多くが使われているので、電圧計はDMM以外の電圧計を指すため、必然的にアナログの電圧計が主なモデルとなる。このような計測器の発展の歴史を知っていないと、なぜ電圧計が特定のアナログ式の電圧計を指しているかを理解するのは難しい(計測器はニッチな村社会である)。

電圧(voltage)の単位はV(ボルト)で、電圧計の英語はvoltmeterである。そのため英語をカタカナにして、電圧計を「ボルトメータ」とも呼ぶ。電圧計が従来のアナログからデジタル表示になったとき、digital voltmeter(デジタルボルトメータ)を略してデジボルと呼称したメーカもあったが、現在は電圧以外に電流や抵抗も測定できるデジタルマルチメータが主流になり、デジボルという表現は聞かなくなった。電流計は英語ではampere meter(アンペアを測定するメータ)なので、電流計も「電圧(voltage)のメータ」というより、voltmeter(ボルトを測定するメータ)である(電流の英語はcerrentだが、電流計はcueernt meterではない)。

参考記事
計測器情報
プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !