計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

重電メーカ

読み方:

じゅうでんめーか

カテゴリー:

#その他

重電機器メーカのこと。家電(軽電)ではなく、大型の電気機械をつくるメーカ。社会インフラの機器、設備(発電機、タービン、受電・変電設備、鉄道など)をつくるメーカ。日本では三菱重工業(略称:MHI:Mitsubishi Heavy Industries)、日立製作所、東芝が大手3大(総合)重電メーカといわれる。三菱重工、日立、東芝の3社は、原子力発電所を設計・製造・保守できる、世界で数社の中の代表的な3社である(海外では米国のウエスチングハウス、フランスのアレバがある)。富士電機、明電舎、日新電機までで、総合6重電メーカと表現することもある。一部の重電機器を作るメーカとして、ダイヘン(受変電機器)、東光高岳(変電・配電機器)、戸上電機製作所(電力用開閉器)、日東工業(分電盤)などもある。海外ではアメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック、以前は原子力発電所を手掛けていたが現在は重電メーカではない)、スイスのABB(アセア・ブラウン・ボべリ)が有名。日本には「日本ABB」のような現地法人がある。売上高世界ランキングでは「重電・重工業メーカ」という項目なので、川崎重工業(略称:KHI)、IHI(旧石川島播磨重工業)、住友重工業(略称:SHI)などの重工メーカも広義には含まれるといえる(MHI、IHI、KHIを代表的な3重工(Heavy Industries)メーカということもある)。世界で活躍する重電メーカがあるのは欧州、北米と日本。中国、韓国には欧米や日本のような総合重電メーカはほとんどない。半導体や家電で世界を席巻する韓国のサムソンのグループ内には(造船会社などはあるが)総合重電メーカはない。中華思想、儒教ではなく、騎士道、武士道で中世を形成した地域(欧州と日本)に重電メーカは成立しているといえる。

速納.com 1周年記念キャンペーン