計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

負荷試験機

読み方:

ふかしけんき

カテゴリー:

#IP関連測定器

ネットワーク機器に負荷を与えて、パフォーマンスを評価する測定器。 2000年頃はIP負荷試験装置と呼称されたがインターネット(IP)の普及に伴いIPを略して呼ばれるようになった。ネットワークの機器が、ほかの多くの機器とつながるインターネットの世界で、機器に多くのアクセス(トラフィック)が集中したときに規定の性能が発揮できるかを試験する。そのことを「負荷をかける」と表現している。別名、トラフィックジェネレータ、ネットワークシミュレータ。
インターネットの普及とともに活躍した通信計測器で、現在では米国のSpirent(スパイレント)社の、次世代ネットワークパフォーマンステスター「TestCenter」などが(公共通信関連だけではなく)自動車業界などで使われている。車載Ethernet などが自動車に普及し始めたことが背景にある。

負荷試験機は負荷試験器というメーカもある。計測器なので負荷試験器が正しいように思われるが、負荷試験機と表現するメーカの方が多い。「過負荷試験」と表現している場合もある。通常、負荷試験というと「電圧をかけて耐性を調べる、過負荷試験や耐電圧試験」が思いうかぶが、そうではなく通信の分野の測定器を指していて、耐圧試験器とは異なる。また「発電機が所定の性能を発揮するか試験する模擬負荷」という説明もあるが、計測器で負荷試験機は、耐圧試験(耐電圧試験)器よりも通信計測器を指している場合が多い。

参考用語:疑似呼
計測器情報:負荷試験機の製品例

速納.com