計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

絶縁型オシロスコープ

読み方:

ぜつえんがたおしろすこーぷ

カテゴリー:

#オシロスコープ

信号の入力部が絶縁入力仕様のオシロスコープ(オシロ)。「絶縁入力オシロ」とも呼ばれるが、品名からは判別ができない。オシロの分類として「絶縁型オシロ」という名称が正式にあるわけではない。
オシロにプローブを接続する際に注意すべき最も大事なことはグランドである。周波数帯域が高くないレコーダなどは絶縁入力が基本(標準仕様)だが、通常のオシロは非絶縁である。プローブの入力グランドは共通で、シャーシに接続されている。電源プラグが適切にコンセントに接続されていればシャーシは大地グランドにつながる。つまり接続されたプローブのグランドはすべて共通でグランドにつながる。たとえば商用電源(AC100V)をオシロスコープで測定しようとしてプローブを接続したらショートして、ブレーカが落ちる、機器が壊れる、プローブが熔ける、というような事故が起きる可能性がある。そのため、フローティング電圧の測定には、絶縁型オシロや差動プローブが使用される。
屋外での使用を想定したハンドヘルドの縦型モデルに絶縁型オシロが多く、フルークの190やテクトロニクスのTHS3000がある。現場用の可搬型測定器は大手以外の多くのメーカがあり、海外メーカのSiglentなどもラインアップがある。テクトロニクスにはポータブルサイズの絶縁型オシロとしてTPS2000シリーズがある。TPS2000の特長は「フローティング測定のために設計された、グランド間およびチャンネル間が絶縁されたオシロで、標準でバッテリが付属しているため屋外でのアプリケーションにも使用可能」とある。
横河計測のスコープコーダ(DL850、DL950、DL350など)をTPS2000の同等品として絶縁型オシロとみなす向きもあるが、スコープコーダはレコーダなので解釈はわかれる。
テクトロニクスとフルークは2007年から親会社(持ち株会社)が同じである。テクトロニクスの名刺に書かれた会社名は「株式会社テクトロニクス&フルーク」である(2022年1月現在)。両社は重複する製品群を整理している。そのため、絶縁型オシロはフルークがラインアップし、今後はテクトロニクスはつくらないと思われる(THS3000を生産中止にして以降、後継品はない)。

参考記事:デジタルオシロスコープの基礎と概要 (第1回)の2ページ目
・・オシロスコープの種類の1つとして、アナログ入力形式が絶縁型の機種を解説している。
計測器情報:横河計測スコープコーダ

速納.com