計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

光絶縁プローブ

読み方:

ひかりぜつえんぷろーぶ

カテゴリー:

#オシロスコープ

DUTの近くにあるセンサやプローブヘッドとオシロスコープ近くにあるコントローラ部を光ファイバで伝送するプローブ。テクトロニクスのA6906シリーズは長年デファクトであったが製造中止になった。海外のHBM社が光伝送をデジタルで行う製品を発売したがA6906より帯域が低かった。岩崎通信機は光ファイバを使ったアイソレーション・システムをつくったが、これはオシロと一体となった装置(PCで制御する箱で画面は無い)であって、一般のオシロスコープに入力することはできない(つまりプローブではない)。そんな中、テクトロニクスは2016年に(旧モデルが周波数帯域100 MHzだったのに対して)1 GHzにアップした新製品の光アイソレーションプローブを発売した。2020年にはラインアップは12機種まで増えた。レクロイにもテクトロニクスと同じような外観・寸法の製品がある。岩崎通信機には(前述とは違う)光アイソレーションプローブがあるが、外観がテクトロ、レクロイとは異なる。光絶縁プローブは高電圧差動プローブと同様の目的で作られたプローブだが、高電圧差動プローブに比べてCMRRの仕様が優れているので、コモンモード電圧が印加された信号の正確な波形観測ができる。製品の構造が複雑なため、価格は高電圧差動プローブに比べて高額になる。ノイズが多い重電機器の工場内でオシロスコープの測定に併用されている例がある。機器内の電気信号のスピードが速くなると、測定器の周波数帯域が高くならないと、オシロスコープでは正確な波形測定ができないが、テクトロニクスの現役モデルの光絶縁プローブの仕様はそれに対応しているといえる。

速納.com