計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

伝達関数

読み方:

でんたつかんすう

カテゴリー:

#その他

(transfer function)
システムの入出力特性を表す関係式(関数)で、物理で良く使われる。電気の世界でも良く出てくる。たとえば電気回路でR(抵抗)とC(キャパシタ、コンデンサ)を直並列につないだRC回路網の入力電圧V1と出力電圧V2の比(V1/V2)を伝達関数と呼称している。時定数t(RC回路網の場合はt=RC)を使って周波数特性(f特)をグラフにするとRとCの構成によって特有なf特になる。伝達関数は周波数特性と関連する用語といえる。FFTアナライザの用語である周波数応答関数は伝達関数の1種である。
たとえば物理現象を時間領域の数式で表すと解くのに難しいが、周波数領域に変換すると簡単に解くことができれば、その答えを逆変換して時間領域にすると、答えが出せる。このような解析手法(ラプラス変換と呼称される)を使う場合の周波数領域の数式を伝達関数と呼んでいる。時間領域と周波数領域はたとえで、いろいろな領域で変換が行われる。時間領域から周波数領域に変換することをフーリエ変換という。

参考用語:ナイキスト線図ニコルス線図

速納.com