速納.com

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

マルチキャリブレータ

読み方:

まるちきゃりぶれーた

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器

校正用標準器の世界的な代表メーカ、フルーク・キャリブレーションには、オシロスコープや電力計などの計測器を校正するための電気校正器がラインアップされ、世界中の電気標準室(校正室)で使われている。たとえば、マルチプロダクト校正器5522A、マルチファンクション校正器5730A、オシロスコープ校正器9500Bなどが同社HPに現役モデルとして掲載されている(2022年6月現)。
(すでに会社は無いが)Datron(デートロン)のモデル9000シリーズは名器で、一時期、横河電機が販売店をしていた。そのため中古品で「Datron YOKOGAWA マルチファンクションキャリブレータ9000」や「Datron YOKOGAWA キャリブレータ9100」という表記を見かける。高額な測定器のためレンタル需要もあり、2000年の 横河レンタ・リースのレンタル・ガイド(レンタル商材の一覧リスト)には品名:DATRON9100ユニバーサルキャリブレータ、形名:7581 62-1-C/EL100/200/50/60(まるで横河電機の形名である)が掲載されている。Datronはその後、M&AによってWavetek(ウエーブテック)、Fluke(フルーク)と変遷し、最後はフルーク・キャリブレーション社の「9100ユニバーサル校正器」として生産終了した。
これらは機種群としては高精度な電圧・電流発生器&マルチメータである。当サイトでは「マルチキャリブレータ」というカテゴリーをつくり分類している(フルーク・キャリブレーションの品名を参考に命名)。キャリブレータ(校正器)の代表的な機種群である。
上記とは全く別に、プロセス用のキャリブレータなる製品群がある。横河計測のコンパクトキャリブレータコンパクトキャルと呼ばれる、計装用途の電圧・電流発生器&マルチメータ機能のあるハンドヘルドの製品群である。形名CA100、CA150などがある。最新モデルのCA500の品名は「マルチファンクションプロセスキャリブレータ」で、上記のマルチキャリブレータと名称が大被りしている。マルチキャリブレータでネット検索するとフルーク・キャリブレーションよりも横河計測が上位に出てくることも多い。プロセス用ではあるが「マルチキャリブレータ」という品名が付いているので、その名の小カテゴリーに当サイトでは分類している。

参考記事:校正室を知り尽くすフルークが提案する新しい8.5桁DMM
・・・標準器5790Bと高精度DMM8588AによるAC電圧の校正の例が掲載されている。
計測器情報:マルチキャリブレータの製品例