計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

ヘルツ

読み方:

へるつ

カテゴリー:

#その他

(hertz)
周波数(frequency)の単位。電気の世界で電圧電流電力に次ぐ、最も基本的な物理量の1つ。記号[Hz]。ヘルツは時間の逆数。1H = 1/s(s:second、秒)。国際単位系のSI組み立て単位。
コンセントから供給される電源は交流50/60Hz。携帯電話に使われている無線通信の電波(キャリア)は数百MHz(メガヘルツ)~数GHz(ギガヘルツ)。もっと高い周波数のテラヘルツ波が、近未来の実用化に向けて研究されている。地震の長周期振動は周波数が低く1Hz以下の波である。橋梁などの構造物の振動もゆっくりで周波数(振動数)が低い。2024年元日に発生した「令和6年能登半島地震」では周期(固有振動数)1Hzの揺れが、古い木造家屋を多く倒壊したことが報じられている。このように電力や電波の周波数、地震波や音波の振動数など、周期的な波の度合いを表す単位である。「1周期の波の数」を日本語で「周波数」と命名したが、回転体の回転数も数/時間(単位時間当たりの回転数)なのでrps(rotaions/second)など、次元(単位)は周波数と同じ。周波数、振動数、回転数など、1/sの単位は複数の物理量で使われるが、ヘルツと呼ばれるのは主に周波数の事が多い。
ヘルツは、ドイツの物理学者で電磁気学で業績を残したハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz、1857~1894年)に由来する。

空気ばね式防振台のメーカで振動・音響測定業務も行う、ヘルツ株式会社の社名スペリングは(hertzではなく)HERZである。「ガス検知の遠隔監視システム」など、産業用ワイヤレス製品をつくるヘルツ電子株式会社の「HERUTU」も、周波数のヘルツとは無関係と思われる。

参考用語
参考記事
計測器情報
プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !