計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

プリンタバッファ

読み方:

ぷりんたばっふぁ

カテゴリー:

#その他

(printer buffer)
パソコンとプリンタをつないで印刷を行う際、パソコンからプリンタへ送られるデータを一時的に蓄えるメモリ装置のこと。印刷するデータを一時的にバッファに蓄えてからプリンタに渡すため、パソコンはバッファにデータを送る(渡す)と処理を完了して、次の処理に進むことができるため、プリンタがデータを受け取って印刷を行うための待ち時間を短縮することができる。パソコンの処理時間に対してプリンタは足が遅い(処理時間がかかる)ために、このような機能(プリンタバッファ)が使われる。
企業内にLANなどのネットワークが、現在のように発達していなかった1990年頃は、プリンタはネットワークの共用ではなく、特定のパソコンに直接つながっていた。パソコンを、足の遅いプリンタから解放する用途で、パソコンとプリンタの間にプリンタバッファ装置を接続することが流行った。商品としてはマイコン工業の「でぶ」が有名。
1990年頃はインクジェットプリンタ(inkjet printer)やサーマルプリンタ(thermal printer)などがあり、企業や家庭で導入が進んだ。インクジェットは年賀状の印刷などに使われた。企業ではレーザープリンタも用途によって使い分けられた。2010年代以降は企業内では複合機の導入が進み、複写機がネットワークプリンタ(社内のLANにつながった共用プリンタ)となり、FAXやスキャナの機能も持つようになっている。

参考用語
プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !