速納.com 新品オシロ・マルチ10%OFFキャンペーン さらに、大好評ノベルティプレゼントの第4弾を開催中!!

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

パルスオキシメーター

読み方:

ぱるすおきしめーたー

カテゴリー:

#科学分析機器

(pulse oximeter)2020年初から世界中で流行した新型コロナウイルスの拡大で、血中酸素の飽和度を簡易に測定できる機器としてTVニュースなどで紹介されている。2021年にはコロナウイルス患者で自宅療養をする人に配布されるケースが報道された。指先に光を当てて動脈血酸素飽和度を測定できる、採血の必要がない医療機器。コロナウイウスなどで肺がダメージを受けると肺から血液への酸素供給が不足し、動脈に含まれる酸素の飽和度が下がる。そこでパルスオキシメーターでリアルタイムに測定をして、重症化を事前に予知して予防するために使用される。コニカミノルタ(※)のHPによれば「現在主流となっているモデルは同社が世界に先駆けて1977年に開発した」とある。同社はトップベンダーとして啓蒙のために多くの資料をHPに掲載している。業界団体である一般社団法人日本呼吸器学会のHPでも利用法や使用上の注意などを掲載している。(※)大阪発祥のカメラメーカのミノルタは、露出計、テレビ色彩調整分析器(TVカラーアナライザ)などの計測器とパルスオキシメーターなどの医療機器も早くから手掛けていた。2003年に写真フィルムの「サクラカラー」で一世を風靡したコニカ(旧小西六)と合弁し「コニカミノルタ」になった。現在でもヘルスケア(画像診断システムなど)とセンシング(色の計測機器)は主力事業である。

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー