計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

スペクトラムアナライザ

読み方:

すぺくとらむあならいざ

カテゴリー:

#スペクトラムアナライザ

(spectrum analyzer)
信号が持つ成分を周波数毎に分解し、横軸を周波数、縦軸をレベルとして表示する測定器。主に高周波信号の解析に使用される。略称:スペアナ。RFなどの無線の最も代表的な基本測定器。
時間軸(タイムドメイン)の波形を表示する観測器であるオシロスコープのように、無線の世界では周波数軸で評価するため、スペアナは無線の基本測定器である。同様に周波数軸の波形測定器にFFTアナライザがあるが、用途は振動解析など直流~低周波で使われるので、スペアナとはアプリケーションが異なる。周波数を測定する製品としての仕様はFFTアナライザとスペアナで重複する部分もある。DCから高周波まで幅広いラインアップのキーサイト・テクノロジーは以前はFFTアナライザをつくっていたが、現在はスペアナに注力し、スペアナの世界No.1メーカである。国産のアンリツとドイツのローデ・シュワルツの3社が、スペアナを含む無線の3大計測器メーカといわれる。
デジタルの携帯電話が世界的に普及し(3G以降)、デジタル変調信号の解析に優れたスペアナが多く発売され、現在のスペアナの品名はシグナルアナライザも多くなった。また、EMC用途に特化したスペアナ(電波測定器)をEMIレシーバと呼び、ローデ・シュワルツの代名詞となっている。

参考用語
参考記事
計測器情報
速納.com