計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

サーモグラフィ

読み方:

さーもぐらふぃ

カテゴリー:

#物理量測定器

(Thermography) 物体表面の温度分布を非接触で測定する温度計。物体から放射される赤外線(熱)を捉えて、温度に換算し、表面温度の分布を色画像で表示する計測器。放射温度計(非接触型の温度計)に画像処理機能が付いたカメラ。従来、放射温度計は1点の温度を測定するが、サーモグラフィは面で温度測定をする。製品カテゴリは温度計の中の放射温度計(非接触型という意味)に分類される。正式には赤外線サーモグラフィ(Infrared Thermography)のこと。Thermographyは「thermo(熱)をgraphy(グラフ化、図式化、から転じて、記述法、表現法)」なので、本来は「熱を表現する」手法のことだが、装置をさすことばとして定着している。別名、「サーモトレーサ」「サーマルカメラ」とも呼ばれる。「サーモグラフィー」の表記もある。熱画像計測機器として、工業計測用(電気設備の保守・保全用途)に使われてきたものは「サーモグラフィ」(略して「サーモ」と呼ばれる)。最近はやりの、建物の入口に設置して顔の表面温度を計測し、画像で録画し、発熱をチェックする用途で使ったり、監視カメラに体温検知機能を搭載したものは「サーマルカメラ(thermal:熱、温度)」、略して「サーマル」と呼ばれることが多い。エー・アンド・デイはラインアップに多くの計測器があるメーカだが、機種群の第一は「医療・健康」製品で、「サーマルイメージカメラ」という品名の製品があるが、外観や主な仕様はハンドヘルド型のサーモグラフィとほぼ同じである。
参考用語:赤外線放射温度計熱画像計測装置

速納.com