計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

クレストファクタ

読み方:

くれすとふぁくた

カテゴリー:

#電圧・電流・電力測定器 #信号発生器(汎用)

(Crest Factor)別名:波高率。「クレスト・ファクター」とも表記される。「C.F.」の略記もみうけられる。ピーク値/実効値のこと。入力波形のピーク値Vpeakと実効値Vrmsの比。信号発生器(ファンクションジェネレータ)では必ず解説されている。電圧や波形の状態を示す用語の1つのため、マルチメータや電源、FFTアナライザなどでも説明される用語。たとえばデジタルマルチメータ(DMM)ではACコンバータのダイナミック・レンジをあらわす。図のように実効値に比べてピーク値が大きいパルス波形がDMMに入力されると、DMM内部の増幅器が波形のピーク時に飽和してしまうことがある。DMMのクレスト・ファクターは、内部の増幅器の定格入力レンジに対して飽和領域がどれだけ高いかによって決まる。 正弦波のクレスト・ファクターは1.41。たとえば図のパルス信号と同じ実効値Vrmの正弦波があった場合、そのピーク値はパルス波形のピーク値より低い。パルスは変化のスピードが速く、クレスト・ファクターは1.41よりも大きな値になる。緩やかに変化する正弦波と同じ実効値であっても波形は全く違う。実効値だけではわからない波形の形状をクレスト・ファクターから読み取ることができる。 小野測器のFFTに関する用語解説で次のようなアプリケーションが紹介されている。ベアリングは大きさによって振動値が相対的に変化する。大きなベアリングは振動の実効値が大きく、異常状態の場合のピーク値はさらに大きくなる。クレストファクタはピーク値と実効値の比を求めているためベアリングの大小に振動値が左右されず、傷などの異常度合いを正確に判断することが可能になる。計測されたクレストファクタの値が大きいと異常度合いが大きいと判断する。このようにピーク値や実効値ではなくフレストファクタによって検査・判定ができる。

速納.comキャンペーン