計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

オプティカルヘッド

読み方:

おぷてぃかるへっど

カテゴリー:

#光測定器

有線通信測定器の1カテゴリーである光測定器(光通信測定器)で、光パワーメータのセンサのこと。キーサイト・テクノロジーの光パワーメタ用センサの品名。8153、8163光パワーメータなどに使う815xx、816xxなどのモデルがある。国産メーカの安藤電気(現横河計測)やアンリツは光パワーセンサ、センサモジュールなどが品名。最近の横河計測のモデルにはAQ2200-232 光センサヘッド 、というように「ヘッド」の品名もあるが、普通はセンサと呼んでいる。キーサイトは昔からオプティカルヘッドといっていた。2000年当時、光通信は全世界の基幹通信網として整備・拡充され、光測定器の需要は倍増していた。キーサイト・テクノロジーは北米とドイツに光測定器の事業部(工場)があり、ほとんどの光測定器の機種群をラインアップする世界No.1メーカだった。No.2として安藤電気がキーサイトを追い上げていた。ところが2001年の光通信バブルによって両社は大打撃を受け、安藤電気は横河電機(現横河計測)に身売りし、キーサイトはほとんどの光測定器を製造中止にした(工場を売却した)。現在、キーサイトには唯一、光パワーメータと光源がラインアップに残っている。光スペアナやOTDRはやめたが、パワーメータと光源はオプティカルヘッドなどのモジュールオプションを共有して、測定システムを構築できること、共に光の基本測定器であることから残したと思われる。横河に吸収された安藤電気は多くの通信測定器から撤退したが、光測定器だけは守り通し、AQ6370などの光スペアナは世界No.1モデルである。

速納.com