PR記事バナー

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

オシログラフィック・レコーダ

読み方:

おしろぐらふぃっくれこーだ

カテゴリー:

#オシロスコープ #レコーダ・記録装置

横河電機(現横河計測)のOR1400やORM1300などの品名。メモリーレコーダ(やデジタルオシロスコープ)のように、レコーダ(やオシロ)が半導体メモリを備えたデジタル機器が主流になっていく時代に、計測用レコーダの老舗である同社がデジタル式のレコーダとして世に問うた製品群だった。現在の横河計測にはこの品名の製品は無いが、DL750からDL850、DL950へと続くスコープコーダ(同社のオシロの通称である「DL」を冠したレコーダ。同社オシロの形名はDL5000やDLM3000のように数字4桁だが、レコーダであるスコープコーダは数字3桁)にそのDNAは継続している。日置電機のメモリーハイコーダや、三栄測器(旧NECアビオニクス、現エー・アンド・デイの工業計測機器部門)のオムニエースのように、横河計測のメモリレコーダの1種である。OR1400は2001年4月1日に販売終了し、後継機種はDL850/EやDL350(2021年3月現在)。ORM1200/1300の製品カタログの表紙には「高速ユニバーサルレコーダ」と記載されている。カタログには「ORMシリーズは高速ユニバーサルレコーダの最新の進歩である。複数の絶縁アナログチャネルを装備し、ロジックチャネルもオプションで追加できる」旨が記載されていた。

速納.com 1周年記念キャンペーン