速納.com 新品オシロ・マルチ10%OFFキャンペーン さらに、大好評ノベルティプレゼントの第4弾を開催中!!

計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

詳細説明

アデックス

読み方:

あでっくす

カテゴリー:

#回路素子測定器

1980~2010年頃にあった回路素子測定器メーカ。正式名称はアデックス株式会社、本社は京都市伏見区。略記:ADEX。
インピーダンス測定器の世界的なデファクト、ヒューレット・パッカード(当時は日本ではYHP。現キーサイト・テクノロジー)などの海外メーカから遅れて、1970年代に国産計測器メーカはLCRメータをつくり始めた。カーブトレーサなどの電子部品測定器の國洋電機工業、FRA(周波数特性分析器)で電子部品評価の要素技術があるエヌエフ回路設計ブロック(エヌエフ)、tanδ(タンデルタ、誘電体損測定器)などで材料・回路素子の評価をしてきた安藤電気などである。
アデックスはこれら計測器メーカよりも安価なLCRメータをつくり、1980年代の月刊トランジスタ技術に頻繁に広告掲載していた。高周波の製品は無く、2005年頃のラインアップはLCRメータ(1kHz)、Cメータ(静電容量計、キャパシタンスチェッカ)、抵抗計、ミリオームメータ、ハンディDMMなど。現在は「アデックスエール」社がベンチトップの製品群(LCRメータやCメータ、抵抗計など)約45機種をHPに掲載している(2022年4月現在)。
アデックスの計測器はアデックスエールで現在も現役だが、國洋電機工業や安藤電気は会社自体がもうない。エヌエフは、英国のLCRメータ老舗Wayne Kerr Electronics(ウエインカー)社と提携してLCRメータを継続しているが、自社製品ではFRA関連製品を充実している(最大15MHzで測定ができるZGA5920インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザなど)。日置電機は生産ライン用LCRメータで多くの電子部品メーカに採用され、2000年にはZハイテスタなどをラインアップし、MHz帯域モデルも揃えで国産LCRメータのトップブランドになった。LCRメータ/インピーダンスアナライザは、日置とキーサイトが現在の2強。そんな中、アデックスエールは周波数1kHz固定のLCRメータ2機種を販売している。ローデ&シュワルツは2010年に汎用オシロスコープ(500M~2GHz)に参入するなど、無線通信以外の機種群にラインアップを広げていて、2022年3月にはLCXシリーズLCRメータ「クラス最高確度で、最高10MHzをカバー」を発売し、高周波LCRメータをラインアップした。同社のコンペチタはキーサイト・テクノロジーや日置電機で、アデックスエールでないことはいうまでもない。

~就活に役立つ~ オシロスコープ基礎 無料体験セミナー