計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

3

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

68系(ろくはちけい)

モトローラのCPUが型番の頭が68だったため、6800、68000、68020、68030などのモトローラのCPUを総称して68系プロセッサと呼称した。68系はインテルの80系、86系のCPUと、1970年代から1980年代にかけて競った。世界初の8ビットCPU、インテル8080とモトローラ6800は同じ年(1974年)に発売された。80系は当時のパーソナルコンピュータに採用され、68系よりも80系に軍配が上がった。モトローラは1984年に世界初の32ビットCPUである68020をインテルより先に発売(インテルの80386は1985年発売)して巻き返しを図った。このときもインテルの86系CPUの方がコンピュータに多く採用され、68系は普及しなかった。 最先端のCPUを使った開発では、それを支援する計測器であるICEが必須となる。日立製作所は68系のサードパーティーをしていて、68系CPUのICEも系列会社でつくっていた。現在のルネサステクノロジーがICEをつくっている源流である。計測器のデジタル化では、1970年代からCPUの採用が各計測器メーカで始まっているが、80系/86系(インテル)を使うか、68系(モトローラ)を使うかは、時々によって選択されていた。各計測器メーカも色々なCPUを使い試行錯誤を1980年代~1990年代にしていた。

ROM ICE(ろむあいす)

ROMソケット或いはROMに使用されるバスコネクタにケーブルを接続してそのエリアをエミュレートする手法。別名:ROMエミュレータ。メリット:エミュレーションメモリを持っている。ROMエミュレーションであるため ハード的には汎用性があり同じCPUシリーズ内であれば、ピン、内蔵IO等が相違しても、そのまま使用する事ができる。価格的に安価。デメリット:しかし、あくまでも外部ROMをエミュレートする関係でシングルチップ(内蔵ROMタイプ)には使用不可能である。さらに、ユーザーシステムに、モニタプログラムを埋め込む必要がある。また、ブレークなどのコントロールにNMIやRESET信号が必要になる。システム暴走に弱い(モニタも暴走してしまう)。ハードターゲットが未完成では、動作できない。ソフィアシステムズ(現Sohwa&Sophia Technologies)は唯一外部フラッシュROMのエミュレート機能があるROM ICEをつくった(特許があり他社はつくれない)。「フラッシュROMエミュレータ」や「フラッシュメモリエミュレータ」とも呼ばれる。(株式会社Sohwa&Sophia Technologiesの用語集より)

ROMエミュレータ(ろむえみゅれーた)

(ROM emulator)DIPなどのROMソケットにつないで、CPUに直接、機械語を送信する方式のエミュレータ。別名:ROM ICE。安価な簡易エミュレータだが、制約もあり、高機能CPUには向かない。JTAGなどのオンチップエミュレータの1種とされることもあるが、当サイトの機種群では独立したカテゴリーにしている。

  • 1