計測関連用語集

TechEyesOnlineの用語集です。
計測・測定に関連する用語全般が収録されており、初めて計測器を扱う方でも分かりやすく解説しています。
フリーワード検索をはじめ、カテゴリー、索引から簡単にお調べいただけます。

フリーワード検索

検索用語一覧

10

各用語の詳細ページでは関連用語などを確認することができます。
このアイコンが表示されている用語には、詳細ページに図解や数式での説明があります。

バイコニカルアンテナ(ばいこにかるあんてな)

円錐を頂点で上下につなぎ合わせたような形のアンテナ。

パッド(ぱっど)

(Pad) RFで使われる減衰器(アッテネータ)のこと。減衰器のことを「ATT(アッテネータ)」や「Pad(パッド)」と表現している。高周波の固定減衰器を「アッテネータパッド」と呼んでいる。高周波の代表的な計測器メーカであるアンリツには「二信号特性測定用パッド Z-164A」という製品がある。この仕様は「2つの信号を混合して1つにする整合器」で、固定減衰器の1種といえる。RFだけでなく音響の分野でもATTやPadという用語が使われている。ATTは少なくともRFだけでなく低周波でも使われる表現だが、パッドは低周波ではほとんど使われない。

ham(はむ)

アマチュア無線、またはアマチュア無線家の呼称。日本のCQ出版はアマチュア無線の専門誌「CQ ham radio」を刊行している。hamの由来には諸説あり、定かではない。

パラボラアンテナ(ぱらぼらあんてな)

(parabola antenna) 放物線の曲面をした反射器を持つ凹型のアンテナ。曲面に入ってきた電波が1点の焦点に集まるように曲面の形状が設計されている。波長が短いセンチメートル程度の電波を受信するため、衛星通信や天文観測に使われる。BS/CS放送を受信するアンテナもパラボラアンテナの1種である。

パワースプリッタ(ぱわーすぷりった)

(power splitter) 1つの信号を2つ以上の回路に分配する部品。パワーデバイダとは抵抗を分割するための抵抗の配置が異なる。TVアンテナからの信号を複数台のTVに入力するためのパワースプリッタを分配器と呼んでいる。 計測器情報:「パワースプリッタ」が品名につく製品の例

パワーデバイダ(ぱわーでばいだ)

(power dibider) 1つの信号を2つ以上の回路に分配する部品。パワースプリッタとは抵抗を分割するための抵抗の配置が異なる。 計測器情報:「パワーデバイダ」が品名につく製品の例

反射(はんしゃ)

(reflection) 電磁波が伝送路を伝わるとき、媒体が違う面や、特性インピーダンスが異なる箇所では少し反射されて、信号源側に戻る現象が起こる。高周波の基本理論の1つ。 一般的に反射は電気回路に悪影響を及ぼすので、なるべく反射が小さな値になるように、反射が起こりにくいようにしている。MHzオーダで使用するオシロスコープでも反射は起こっている。GHzオーダの無線通信や、もっと波長が短い光ファイバ通信では、反射は重要な評価項目になっている。キーサイト・テクノロジー のネットワークアナライザ関連の製品に、伝送特性や反射特性の測定器として「伝送/反射テスト・セット 41952A/B」や「伝送/反射テストキット 35676B、8502A」などがあった(生産終了)。 逆に反射を応用した測定手法がTDR(Time Domain Reflectometry、時間領域反射法)である。サンプリングオシロスコープによる伝送線路のインピーダンス測定や、光ファイバの破断点検出(OTDR)に応用されている。最近ではOFDR(Optical Frequency Domain Reflectometry、光周波数領域反射測定法)によるひずみ測定が開発されるなど、反射を応用した測定手法は多い。

反射係数(はんしゃけいすう)

(Reflection coefficient) 伝送線路上のある基準面において、その基準面への入力波に対するその基準面からの反射波の比としてあらわす。通常、反射係数(Γ)は電圧比としてあらわされ、複素数である。下式で、Vi : 入力電圧, Vr : 反射電圧, θ: 入力電圧と反射電圧の間の位相角。|Γ|の取り得る値の範囲は、|Γ|= 0 〜 1 である。

搬送波(はんそうは)

(carrier) 通信システム(有線通信では伝送線路、無線通信では電波あるいは光通信ではレーザ)において、情報を乗せて送るための一定周波数の電気信号のこと。搬送波を変調することにより映像、音声、データ等の情報を送り、それを復調することによりその情報を取り出す。情報を直接伝送することもできるが、搬送波を使ったほうが効率的に情報を送ることができる。 参考用語:AM変調、FM変調、側波帯、帯域幅、キャリア

搬送波対雑音比(はんそうはたいざつおんひ)

(Carrier to Noise Ratio) 信号対雑音比と同様に、「通信の品質」を示すパラメータとして、搬送波レベルと雑音レベルとの比率を搬送波対雑音比といい、これを対数表示で単位として [dBc]で表す。この搬送波対雑音比(Carrier to Noise Ratio)を”CNR”または”CN比”と略表記されることもある。

  • 1