カタログ倉庫

[カタログ] 6253 直流電圧・電流源 / モニタ

直流電圧・電流源/モニタ

商品紹介

5½桁の発生と6½桁の測定で高精度な電子部品評価に最適。半導体およびその他電子部品の研究開発での評価用電源として、また特性システム用の電源として幅広くご利用いただけます。
高確度、高安定、低ノイズの性能を踏襲し、基本確度±0.02 %の高精度を実現しています。
また各種スイープ機能や最小パルス幅25μsの高速パルス測定機能、可変積分機能に加え、新たに搭載した可変スルー・レート機能などによりさまざまなアプリケーションに対応しています。

1.発生・測定機能
発生、測定のファンクション指定により、電圧発生/電流発生、 電圧測定/電流測定/抵抗測定が選択可能。
2.電圧・電流発生モード
発生モードはDC、パルス、DCスイープ、パルス・スイープの4種類をもっており、さらにスイープはフィクスド、リニア、ログ、ランダム(ユーザ・プログラミングで任意の波形発生)、マルチ・スロープ・リニアの5種類のスイープ・タイプがあります。
3.可変スルー・レート(SR) 機能
6253 では立上がり/ 立下がり時間を任意の時間に設定できます。(可変SR)
10.0 ~ 99.9 V/s、100 ~ 999 V/s、 1.00 ~ 9.99 kV/s、10.0 ~ 99.9 kV/s の4レンジ
4.サスペンド機能
6253 は、出力OFF 状態をSTBY(出力リレーOFF)、HiZ(出力リレーON、高抵抗状態)、LoZ(出力リレーON、低抵抗状態)の3 つの状態から選択することができます。この機能により、従来問題となっていたリレー動作時間によるスループット低下を改善し、リレー寿命を飛躍的に延ば
すことにより、製品の信頼性を向上させます。さらに、サスペンド電圧(HiZ、LoZ 状態での電圧)設定が可能で、バッテリなど電圧出力デバイスの接続時に発生する、過渡的な電流吸い込みを防止することができます。
5.HI/LO リミット個別設定機能
電圧・電流発生では、HI/LO のリミット設定は極めて大切です。6253 はHI/LOリミットが個別に設定可能であり、電圧リミットはHI/LO 同一極性が可能です。これにより、コンデンサの充放電、特にバッテリの過放電を防止することが可能です。
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員登録 (無料) が必要です

カタログをダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !