カタログ倉庫

[カタログ] 3100 / 3101 スキャナ / エクステンダ

スキャナ

商品紹介

エクステンダ方式で最大5台まで拡張可能マルチプレクサで最大1360ch、最高330ch/秒の高速切替
3100は、エクステンダ方式を採用した画期的なスキャナです。
エクステンダ3101は、最大5台まで接続することができ最大17枚のスイッチ・カードを組み込むことができます。
エクステンダの接続間隔は、10m(総延長20m)まで延長できますので、できるだけ被測定物の近くで切換えが可能です。
スイッチ・カードは、3タイプ(マルチプレクサ、アクチュエータ、マトリクス)があり、高速切換えや大電流で使用可能なものまで各種を用意。
スキャナの制御は、パネル面スイッチ設定による手動コントロールと、外部コントローラからのリモート信号(GPIB、USB)によるプログラマブル・コントロールを可能にし、小規模から大規模のシステムまで、幅広く適用できるように設計されています。

特長・仕様
●規模に応じたシステム拡張
スイッチ・カードは、本体に2枚、エクステンダに最大3枚が実装できます。
エクステンダは、専用バス(ScanBus)で5台までの接続ができ、機器間は、最大10mで総延長20mまで接続ができます。
測定チャンネルの必要に応じてエクステンダが増設できコスト・パフォーマンスが良い最適なシステムが構成できます。
●スイッチ状態のグラフィカル表示
3100は、大型LCD表示の採用により、スイッチ・カードのOPEN/CLOSE状態を、各カード毎に表示します。ダイレクト(ダイレクト・チャンネル・アクセス)のローカル(パネル面)操作では、OPEN/CLOSEの設定が可能です。
●ローカル(パネル面)操作とGPIB/USBコントロール機能
スイッチング条件の設定をパネル面で行うローカル機能は、デジタル電圧計、デジタル・レコーダなどと組み合わせた小規模なシステムに適しています。
一方、GPIB/USBインタフェースの標準装備によって、スイッチング条件の設定をすべて外部からコントロールすることもできますので、フレキシブルに自動計測システムを構成することができます。
また、コントロール・パラメータによるシーケンス動作だけではなく、任意のチャンネルに対するダイレクト(ダイレクト・チャンネル・アクセス)や任意のプログラム・ステップに対するダイレクト・プログラム・アクセスも可能です。こ
のダイレクト・アクセス機能は、ローカル/リモートのいずれでも動作しますが、GPIB、USBを使用すれば100ステップ以上のランダム・スキャン動作を簡単に行うことができます。
●デジタル信号の入出力で用途を拡大
3100は、標準でデジタルI/O(DIO)機能を内蔵しています。出力はオープン・コレクタで、シンク電流は最大150mAありますので、ランプ、大型リレーなどの制御に使用できます。入力レベルもTTLレベルから、最大28Vまで対応できます。
デジタルI/O機能をデータ転送用として使用することもでき、GPIBをもたない機器とのデータ転送に便利です。
●豊富なスイッチング機能でフレキシブルに対応
3100はマルチプレクサ、アクチュエータ、マトリクスの3タイプ、7種類のスイッチ・カードを用意しており、これらを組合せることにより、1台で複数のスキャナとして使えます。
したがって、多点のデータ・ロガーや半導体、電子部品、電子回路などの自動試験システムのスイッチング装置として、フレキシブルに対応できます。
最大160ch(2スロット)まで収納
3100本体には2スロットに最大160ch(31001F1線式)までカードを収容することができます。
3101エクステンダを最大5台接続することにより、17スロットまで拡張でき、最大1,360ch(31001F1線式)までカードを収容することができます。
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員登録 (無料) が必要です

カタログをダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

計測器中古市