カタログ倉庫

[カタログ] FNS-AX3 ファスト・トランジェント / バースト試験器

ファスト・トランジェント/バースト試験器

ノイズ研究所 FNS-AX3 B50

商品紹介

ファスト・トランジェント/バースト(以下EFT/B)試験とは、スイッチやリレーの接点開閉時に発生するシャワリングノイズによる電気製品の誤動作や機能低下を模擬する性能試験です。このノイズは商用電源ラインを伝搬経路としており、ノイズ源と接続されているすべての電気製品が影響を受けます。ノイズ電圧値は商用定格電圧の10倍~20倍、周波数は低域から数MHzにまで及びます。日本国内で考えると、AC100Vの電源線に1kV~2kVの高周波バーストノイズが重畳することになります。身近な事象としては、照明機器や電気製品の電源投断時にテレビの画面や音声にノイズが発生することが上げられます。ますます集積化が進み、信号が高周波化しているデジタル家電や各種情報機器等ではEFT/Bノイズによる影響を予測できず、このため製品設計段階で耐性試験を実施することが求められます。品質基準の統一化が進む欧州においては、CEマーキングの適用条件であるEMC指令により規制され、民生品やOA機器はもとより、医療機器や産業用機械など、ほとんどの電気製品がEFT/Bノイズによる誤動作や機能低下の検証を求められます。日本国内や北米では法規制はありませんが、業界団体や製造業者による試験規格や試験法等は存在し、国内メーカーのほとんどが実施しております。試験条件はIEC規制値よりも厳しい場合が多くFNS-AX3はそのニーズに充分対応する機能を装備し、あらゆる試験シーンで品質向上にご活用いただけます。なお改正薬事法により、日本においても特定の医療機器に対しEMC規制が法制化されています。
この計測器の詳細情報を見る
プレミアム会員登録 (無料) が必要です

カタログをダウンロードいただくにはプレミアム会員登録が必要です。

プレミアム会員様限定限定クーポンを手に入れよう !